admin のすべての投稿

自動車に乗ると性格の変わる人

自動車に乗ると性格が変わる人っていますよね。アナタの周りにもハンドルを握ると性格が変わるような人、いませんか?等々力好泰はドライブも大好きな人種ですが、ハンドルを握って性格が変わるということはありません。ただ、等々力好泰の職場の若い子に一人そういう子がいて、以前その子の運転する車のナビシートに座っていたときは本当に嫌でたまりませんでした。運転も雑だし、普段は絶対に使わないような下品な言葉も使うようになって本当に最悪でしたね。

自動車のステアリングを握るだけでこうも変わるものかと驚いた等々力好泰でした。まるでこち亀の本田さんのような変貌の仕方です。こち亀の本田さんってわかります?バイクに跨ったら性格が180度変わる人です。まさにあんな感じですね。等々力好泰はそれまでまったくそのことを知らなかったので正直驚いてしまいました。実際にそんな人がいることに驚いてしまいましたし、そこまで豹変する人に今まで出会ったことがないんです。いや、本当に世の中いろいろな人がいるもんだなと驚きました。

等々力好泰のジョグノートもぜひご覧ください!

車という鉄の塊に囲まれることで安心感ができ、強気になってしまうのでしょうか。ただ、等々力好泰が思うにこれは少々危険なことだと思います。ステアリングを握って強気、攻撃的になると車を追い抜かれただのなんだのでトラブルになってしまうこともあるでしょうし、ちょっとしたことでトラブルになることもあると思います。実際、その彼も今まで自動車絡みのトラブルに巻き込まれたことが何度かあると言っていました。そりゃそうだろうよと言ってしまいましたが。本来こういう人には車の免許を交付してはいけないと思うんですけどね。教習所ではいったいどうだったんでしょうか。

最近観た面白い番組

喫茶店巡りと釣りが趣味の等々力好泰です。最近は仕事もちょっと忙しいのでなかなか釣りにもドライブにも、喫茶店巡りにも行けていませんが、その分自宅でテレビや動画をよく観ています。実はテレビを観るのも等々力好泰の趣味の一つなのです。テレビを観ることを趣味と言っていいのかどうかわかりませんが、割りと小さいときからテレビっ子だったので、今でもよくテレビは見ますね。今はインターネットがあるので動画も手軽に観ることができますし、本当に便利でイイ世の中になったなと思います。

最近観た動画で驚いた番組ですが、CSで放送している「ダラケ」という番組はかなりインパクトがありました。地上波では絶対に流すことができないような過激な内容を放送していて、本当にこんなのテレビでやっていいのかなと等々力好泰のほうが心配になってしまいました。結構下世話というか、下品な内容も多いので観るときは基本等々力好泰一人で観ています。まだ子どもには早いですし、奥さんにもみせられないような内容が多いです。等々力好泰がこの前見たのは「ドヤ街と共に生きてきた男たちダラケ」でした。

ドヤ街で有名なところだと大阪の西成ですね。日雇い労働のためにたくさんの人が集まっていて、簡易宿泊所などもたくさんある街です。独特の雰囲気がある街みたいですね。等々力好泰はまったく縁のない世界ですが、だからこそ番組も楽しめました。西成警察署がフェンスで周りを囲まれているという話もこの番組で知ったので、雑学を増やすにもイイ番組だと個人的には思います。ちなみにフェンスで囲まれて要塞のようになっている理由は、労働者たちの暴動が起きたときに対処するためだそうです。何とも凄い話だなと思った等々力好泰でした。

家電量販店に行ってきた

たまたま仕事も早く終わったのでちょっと釣りにでも出かけようかなと思っていたのですが、奥さんが家電量販店に行きたいというので子供も連れて一緒に行くことにしました。最初はせっかく早く帰ってこれたのだから釣りに行きたい、とも思ったんですが、最近家族サービスもあまりできていなかったのであまり強気に出ることもできませんでしたね。ちなみに奥さんは新しくテレビを買いたいようなのですが、確かに等々力好泰もそろそろ新しいテレビに換え時だと思っていたのでちょうどよかったのかもしれません。

等々力好泰が暮らす市内の家電量販店はなかなか品揃えも良く、スタッフの対応もイイと評判です。早速テレビを販売しているコーナーに行くと、かなりの数のテレビが展示されていました。今は相当大きなサイズのテレビも割と安く売っていますし、昔に比べてイイ時代になりましたよね。大きいうえに薄型ですし、部屋のスペースもとりません。等々力好泰の家で今使っているテレビもそれなりのサイズですが、それよりも遥かに大きなサイズのテレビがこれでもかと展示されていました。

ちなみに、テレビを選ぶときにはサイズで選ぶのが基本みたいです。まあそれは当然ですよね。部屋の大きさにマッチしたものを選ぶのが普通だと思いますし、狭い部屋にムリして大きなサイズのテレビを置いても邪魔になるだけです。等々力好泰の家だとリビングにテレビがありますが、もう少し大きなサイズでもいいかなと思いました。お店にあったテレビの中に50インチくらいのテレビがあったのですが、これくらいのサイズもいいかもと思いましたね。等々力好泰の家にあるテレビより大きいですし、これなら大好きな釣りの番組も大迫力で楽しめると思いました。

師事できる人を見つけよう

今よりも釣りが上手になりたいという部下からの相談を受けて、ちょっとしたアドバイスを送った等々力好泰です。等々力好泰は釣りが趣味ですし、それなりの腕は持っていると自負しているのでこういう相談は大歓迎です。仕事の相談よりもどちらかというと釣りのような趣味の相談をしてくれたほうが個人的には嬉しいですね。そのほうが腹を割って話ができますし、部下との距離も縮まります。あと、釣りを本当にうまくなりたいのなら釣りが上手な人に師事するのが一番ですから。

別に等々力好泰が釣りが上手だと自慢するわけではありませんが、もう長年釣りをしていますからその辺の人よりはずっとうまいと思っています。等々力好泰がここまで釣りが上達したのは間違いなく私が師事していた上司のお陰ですね。もともと私が釣りを始めたのは上司の影響ですし、その上司にいろいろなことを教えてもらいながら上達してきました。この上司がいなかったら釣りを始めてもいないでしょうし、今ほど上達もしていないと思います。

これから釣りを始める方や、初心者の方でもっとうまくなりたいと考えている方がいれば、まずは師事できる人を見つけることだと思います。周りに釣りが上手な人などいない、と思った方もいるでしょうが、実は意外な人が釣りを趣味にしているということは多々あります。職場の先輩や近所の人、友人などでもしかすると釣りをしている人がいるかもしれませんよ。等々力好泰にしても上司がまさか釣りをしているとは全然知りませんでしたし、しかも上手ということを知ってから見る目が変わってしまいました。まずは師事できる人を見つけ、その人からアドバイスを受けながら釣りを続けたほうがずっと上達しやすいです。

懐かしすぎる喫茶店を発見

久しぶりに家族で喫茶店巡りをしてきました。と言っても3店舗くらいしか周ることができなかったのですが、この日訪れたお店の中で特に印象に残ったお店がありました。等々力好泰が暮らしている安曇野からはやや距離があったのですが、とても雰囲気が良くて等々力好泰が大好きな昭和ノスタルジックな雰囲気漂うお店です。私はこういう古い雰囲気のお店でのんびりコーヒーを飲んだり、ピラフを食べたりするのが好きなんですよね。まさに私にピッタリのお店を見つけることができて思わずテンションも高くなってしまいました。

そのお店は雰囲気だけでなくメニューもまるで昭和にタイムスリップしたような感じのメニューでした。メニュー表そのものに歴史を感じましたし、お店の中のインテリアも昔ながらです。今時の若い人にとってはただの古臭いお店に見えるかもしれませんが、等々力好泰のような昭和を生きてきた者からするとこんなに居心地のイイお店はありません。しかも、このお店の何が凄いかって、テーブルがインベーダーゲームなんです。そう、あの一世を風靡したインベーダーゲームですよ。

等々力好泰が小さい当時は喫茶店にインベーダーゲームを置くところがたくさんありましたし、それを目当てに喫茶店に通ったこともあります。本当に懐かしかった!未だにこういうお店が残っていることにも驚いてしまいましたが、本当に懐かしい気持ちにさせてくれました。インベーダーゲームだけでなく麻雀のゲームなどもテーブルにしていましたね。昔はこういう光景がごく普通だったんですが、今ではほとんどありませんからね。ぜひこれからも営業を続けてほしいものです。ちなみに、等々力好泰はコーヒーとサンドイッチを食べたのですが味も文句なしでした。